第一回 福島県南相馬市 (3/26)

約半年振りの福島、変わり果ててしまっていました。相馬市に到着して、最初に災害の爪痕を垣間見たのは、避難所です。 そこからしばらくは見た目は普通の街でしたが、松川浦に近くなり道路に泥水が見え始めると、 すぐに大きな漁船が道路わきに横たわっていたりという惨状です。

今回の支援物資搬送は第一回目ということで、何を持っていけばいいのか?事前に情報収集をしていましたが、 実際の僕の頭で考えているものと現実とのギャップに不安を感じていました。 現地で物資の受け渡しをして現地の方々の話を聞いてきましたが、ギャップはそれほど大きくはありませんでした。 今後そのギャップをより少なく、情報収集や現地の声を皆様にご報告していきます。

今回の現地の声

・避難先受け入れについて

 「避難ができたとしても、コミュニティ単位の避難でないとこの地を離れたくない」

・食料事情

 「必要物資は刻一刻と変化している。今はみんな生鮮物が欲しくなってきている」

と、まだ情報量はあまり収集し切れていませんが、今後現地の声をできるだけ多く皆さんにお届けできるように心がけて活動していきます!

義援金使途内訳

支援物資購入費53,750円
交通費21,354円

購入した支援物資

品目
無洗米
生理用品
粉ミルク
紙おむつ
風邪薬
咳止め
頭痛薬
トイレットペーペー
ドックパン
食塩
春雨スープ
プレッツエル
コーンスープ
ツナ缶
お菓子
お茶500ml
カップめん
チョコレート
インスタント味噌汁
割り箸
焼き海苔

お預かりした支援物資

品目
カップ麺
タオル
マスク
ポタージュスープ
レトルトカレー
ツナ缶詰
コーン缶詰
水炊きの素
ユッケジャンスープ
石鹸

鎌倉の皆様からいただいた支援物資

松川浦に沈むマイクロバス

物資の受け渡し

道路わきに横たわる漁船

道路わきに瓦礫の山