第二十回 福島県相馬市(6/11)

6/11 相馬

今回の相馬は、お明日の仮設住宅入居にむけて、日常品の配布会の準備です。約1ヶ月前から始まった仮設住宅への入居ですが、 今回の入居戸数は720世帯。今までは多くても80世帯くらいだったそうですが、今回は一挙に入居ということで、 配布会も大忙しってわけです。配布会は日曜日に行なわれるので、僕は参加できないのですが、準備だけでも一日作業でした。 拠点にしているフー太郎の森基金新妻さん宅に到着してから、まずやった事は寄付物資の仕分け作業。 大きく分けて、食器・調理器具・日用雑貨・衣類・電化製品に仕分けしたのですが、2tトラックで2杯分の物資の 山を一つ一つ確認してはダンボールに目印を付けていく作業だけで午前中いっぱい掛かりました。 そして、お昼ご飯には近くのお寿司屋さんでちらし寿司を頂きました。 このおすし屋さん、津波の被害を受けたエリアからほんの100数十メートルの場所にあり、 ちょっと前から営業をしていたのを見て、どうしても行きたくなっていたので、今回いけてよかったです。 ランチといってもボリューム満点、ちらし寿司の他に、焼きサバと和え物とサラダまで付いちゃって大満足の内容でした。 がんばっているお店、またランチ食べに行きたいと思います!!

午後には、配布会場へ行き明日の会場づくり。運動会テントを5棟立てて物資の配置、そして駐車場の線引きとやることは盛りだくさん。 特に駐車場の線引きは図面通りに線を引いてしまうと必要台数分の駐車場が確保できないようなので、 大きな空間を頭の中で割り振りを考えながら頭の中で図面を引きなおしては石灰で線を引いて区画を作りました。 全ての作業が終わったのは太陽がすっかり隠れてしまってから、時計を見てみてびっくり・・・すでに7時をまわっていました。

あまり返りの時間を気には気にしたくないものの、すぐに出発しても鎌倉着は1時過ぎになってしまうので、 帰りの支度をして岐路に付きました。そんな時間感覚なので、保育園へ行く時間のこともすっかり忘れていて、 途中いつも参加してくれている佐藤さんが「岡野さん保育園はいいの??」と気にしてくれていいたので何とか間に合いました。 しっかりせねば・・・

そんな慌しい1日でしたが、また新たな支援が出来たことはとっても良かったです。

<現地の声>

・やっと明日、避難所の全員が仮設住宅に入ります

・梨農園が病気になったりして木を切ってるようです

・毎回、岡野さんみたいに「お変わりないですか?」って来てくれると本当に力になります。

義援金使途内訳

支援物資購入費4,618円
交通費17,520円

購入した支援物資

品目

お預かりした支援物資

品目
防災頭巾
食器
化粧品

支援物資の仕分け作業です

駐車場の線引き、気分は運動会

すずらんテープて目印をつけています

水を運ぶのを手伝ってくれる園児たち

公園に広げられた支援物資たち