第二十一回 福島県相馬市(6/15)

6/15 相馬

今回は、鎌倉のラーメン店の袈裟丸さんが参加してくれました。

相馬に着き、新妻さんと本日の打ち合わせをすると、なんともやること盛りだくさん。午前中はイチゴ農園再び登場、ずっと作業をしていた農場ではなく津波被害を免れたけど今年が始めての収穫というイチゴ農園1年目の農場のお手伝い。

イチゴを摘めるだけ摘んで、後は全ての苗を刈り取るという作業でした。最初は鎌を使っていたのですが、だんだん苗の構造を把握してきて手でむしり取ったほうが早いのではと思い、素手で野作業をしていた所、ささくれが引っかかり流血…そんなこんなではありましたが、晴天のビニールハウスでの作業は相変わらずハードでした。 お昼を食べに一旦新妻さん宅に戻り、昼食を済ませたら午後は、尾浜地区の東部公民館へ災害支援通行証の件で少し打ち合わせに行きました。そして、ぬいぐるみキャラバン登場です!

今回は過去最多人数のみどり幼稚園。園児の数は200名の大きな幼稚園。ダンボールを抱えて幼稚園へと入って行き、園長先生とお話をしてぬいぐるみを受け取ってもらいました。ひとつぬいぐるみを渡している写真を撮らせてくださいとお願いすると、園児たちを呼んでくれて、今回も代表の園児に直接ぬいぐるみを渡すことが出来ました。僕が手に取ったぬいぐるみはスヌーピーだったのですが、渡してあげた女の子が「私のシャツスヌーピー!ほらぁ!!」と制服の下に着ているTシャツを見せてくれました。嬉しいですね♪

みんなに手を振りながら幼稚園を離れ、再び農場作業。素手で作業をしたもんで、握力はほとんど無くなり、腕はまたまたパンパンになりました。そして新妻さん宅に戻り今日の作業は終了!

帰りには同行してくれた袈裟丸さんに焼肉をご馳走になり、疲れたけど充実した1日になりました!

次回の予定は、被災者マップ作り。自宅は流されていないものの色々と困っている人が沢山いるそうです。そんなお宅を一軒一軒訪問して地図に落とし込んでいくという仕事。がんばります!!

<現地の声>

・毎年裏山で筍取って近所に配っていたけど、今年はダメだね…

・仮設住宅だけではなく、自宅で生活をしている被災者も厳しい生活を強いられている。

義援金使途内訳

支援物資購入費0円
交通費19,778円

購入した支援物資

品目
なし

お預かりした支援物資

品目
大根

まずはイチゴ摘み

生い茂ったイチゴの苗を…

全部むしり取りました

ぬいぐるみキャラバン6th

鎌倉といえばこのTシャツ!!

癒される〜♪