第三十四回 福島県相馬市

9月28日 第34回 相馬

今回は、元RAMスタッフの由香里が参加してくれました!朝、新妻さんのお宅に到着すると、 新妻さんが市議会に立候補するためのポスターやチラシのデザインを見せてくださりました。 なかでも「にいつまマン」はウルトラマンの顔が新妻さんというなかなかのインパクト物(笑) とっても新妻さんらしい感じがしました!

さて、今回の活動ですが、午前中に仮設住宅に行き、名古屋から届いた自転車を配布。 仮設住宅では、車を持っていない方も多くいて、自転車があるだけで買い物が楽になるといってとても喜ばれています。 中には試乗もかねて喜びを隠せない方もいました! 今回の配布は仮設住宅2箇所への配布でしたが、僕は1つ目の仮設住宅に自転車を下ろした後に、 2つ目の仮設住宅をみなにお願いして新地町と南相馬に向かいました。 というのも次回の炊き出しをするにあたって、やっと通行証が発行してもらえることになったのです。 かれこれ3ヶ月くらい通行証の件で自治体とやり取りをしていたのですが、八方塞がりの状況だったところに、 新地町で救援物資の搬送ということで依頼書を作成してくださり、通行証をいただけることになりました。 高速道路代は深夜の割引時間を利用しても1万円弱、1万円もあったら物資がどれだけ余計に届けられることだろうかとずっと頭を悩ましていたので、 今回の通交証の発行は本当に嬉しかったです。新地町の担当者様ありがとうございます!!

そして午後には皆と合流して、松川浦の遊歩道の整備の続きです。行ってみてびっくり、こないだの台風12号の爪痕がありました。 綺麗に掃除したはずの遊歩道には巨大な流木やゴミ、葦などが散乱していました。 さらに、作業をしようとチェーンソーのエンジンを掛けようにも掛からない…チェーンソー故障のため、流木は鋸を使って手で切ることにしました。 何とか運べる大きさに切って撤去したり、ゴミと葦をかき集めて掃除をしました。 あとは、前回には手が出せなかった倒木の根っこの解体に少し手をつけて今日の作業は終了。 初めて参加の由香里でしたが、本当に良く頑張ってくれました。ありがとう。

そして、最後の任務。僕らの毎回のご褒美、子供達に会いに行きました。 今日は、みなと保育園と相馬保育園ですが、嬉しいニュースを聞きました。なんと運動会開催のお知らせ。 屋外ではありませんが、スポーツアリーナ相馬という場所で運動会を開催することになりましたと聞いたときには、僕らも嬉しくなりました。 いつもはありがとうメダルを頂くのですが、今回は園児全員が写った写真付きの運動会プログラム。 先生方も本当に運動会開催に喜びが隠せないようでした!少しずつではありますが、元気が戻ってきたようです。

<現地の声>

・ 運動会の予行演習で、こども達がよく転ぶんです…屋外で遊ばせられない影響ですね。

・ 土の入れ替えをして園庭の放射線量は、屋内と変わらないくらいの線量にまで下がりました。

義援金使途内訳

支援物資購入費10,740円
交通費22,600円

購入した支援物資

品目
お菓子

お預かりした支援物資

品目
なし
新たに流れ着いた流木

チェーンソー故障のため鋸で切断

自転車の荷降ろし

保育園では運動会開催決定!

記念撮影