第37回 相馬・新地

前回よりも更に早く鎌倉を出発して、3時前には相馬に到着。そして朝8時まで仮眠をして新妻さん宅へ伺いました。 仮眠をするとしないではだいぶ違います。 今回の活動内容は、松川浦の遊歩道整備と新妻さんが市議に立候補するに当たっての幼稚園・保育園の挨拶まわりです。 まずは、松川浦です。前回、ここが終わればもう終わりかな?なんて言っていたところを整備をして午前中の作業終了!と思いきや、 いつもとは違う道で車に戻ろうとすると、なんと台風で木が倒れて道を塞いでいる箇所が二箇所もありました…

チェーンソーが唸りを上げ、倒木を切り刻んで何とか道にしましたが、地震で地盤が緩んでいるんだろうな。 今まで台風があってもきっと倒れることはなかったような木が倒れていました。しばらくは強風や嵐が来た後に松川浦のチェックに来たほうがいいと思いました。 お昼には最近定番になった「ナカジマストア」のお弁当。このお弁当は地元で元気に営業をしているスーパーマーケットの手作り弁当で 、なんとお値段が300円前後!!バリエーションも豊富でいつも何を食べようか迷ってしまいます。

そして午後には新地町の小川仮設住宅に物資を届けて、その後に相馬の幼稚園・保育園めぐりです。 震災で延期になった市議選に新妻さんが立ち上がったので、鎌倉組としても全面的に応援をするつもりです! 3月から一緒に色々させていただいて、常に並々ならぬ復興への情熱を感じていたので新妻さんの市議会当選は復興への近道と信じています! ということで、今までぬいぐるみや水を届けた保育園・幼稚園全てに挨拶をしてまわりました。中には久々に顔を出すところもあり、 ちゃんと対応してもらえるだろうか?と不安もありましたが、どこの幼稚園・保育園でも笑顔で温かく迎えてくれました!とっても嬉しかったです。 保育園には鎌倉から持ってきた水のほか、相馬のアルプス電気を拠点としている相馬基地から水を480リットル分けて頂きました! 480リットル積んでも車は頑張って走ってくれました!車の走行距離も気が付けば震災から数えて地球一周分増えていました。 本当に毎回毎回頑張ってくれている愛車。いつもありがとう!

<現地の声>

・ 買い物行くにもバスがまだ通っていない。市に訴えると福島交通に言ってくれ、福島交通に訴えると市に言ってくれとたらい回し…

・ 農協の直売所が営業開始したけど、相馬産の野菜しか売ってない。

義援金使途内訳

支援物資購入費17,524円
交通費7,379円

購入した支援物資

品目
お菓子

お預かりした支援物資

品目

ビフォー1

アフター1

ビフォー2

アフター2

黙々と作業の前田さん

相馬基地で水を

新妻さんと保育園

相馬の夕焼け