第40回 11月9日 相馬・新地・南相馬

今回でもう40回目となった相馬支援。今回は嬉しい事に、何回か参加してくれているチャー君・ケイコさん・稲垣君が独自に活動をしてくれました。当初から参加者にはそれぞれ現地で色々なことを感じて、独自に動けるようになって欲しいと思っていたので本当に嬉しいです。やっぱり一人より二人、二人より三人と行動できる人が増えれば支援の形も変化してくるし、より充実した支援活動が出来るのではないでしょうか。そしてチャー君達はまず南相馬に物資を届け、その後何回か活動をした事のある松川浦で清掃活動をしてくれました。遊歩道の整備は前回の活動で一段楽したので清掃活動はこれからの松川浦の活動の主なる作業となることです。チャー君・ケイコさん・稲垣君、ありがとうございました。

そして、新知町の小川公園仮設住宅に物資を届けたあと、僕は新妻さんの選挙のお手伝いです。今回の選挙は今後の相馬市の復興を左右するとっても大事な選挙です。地方の選挙のお話を聞いていると、親族など身内で票が集ると言う風習があるそうです。しかし、選挙のあるべき姿は、市政が住民の住みやすい町作りをするためのものであって、今後の相馬復興に関しての本質を捉えた人間が当選することがとっても重要なことだと思います。そこで、震災後共に活動をしてきてに新妻さんが当選することは今後の相馬市復興において重要な意味があると感じています。そんな背景から、今回の僕の活動は個人宅を一軒一軒廻り新妻さん後援会として挨拶回りです。南相馬のポニー牧場から前田さんが一日一緒に挨拶回り、そして午後にはパートナーの佐藤さんが相馬基地の仕事を終えて合流して500軒弱の個人宅を回りました。すでに投票する人は決めているという方もいましたが、中には女性に頑張って欲しいという方や復興だけではなく市政をしっかりやって欲しいなど、色々なお話が聞けました。個々人の思うとこりは人それぞれでひとつになることは不可能に近いものですが、復興に関してしないほうがいいという人は居ないと思います。なので、新妻さんには本当に頑張って欲しいです。

そして、夕方には南相馬のなかよし合同保育所のよつば保育園が本園に戻ったとの事なので、様子を伺いにお水を持っていってきました。園の玄関には今日の線量の掲示がありましたが、0.16~0.20μSv/hとありました。決して低い数値ではありませんが、園児たちはほんの少し元気を取り戻していたように見えました。

週末の日曜日から本格的に選挙活動がはじまります。選挙当日までの一週間はフルでお手伝いをする予定です。なんとしても当選を!!

義援金使途内訳

支援物資購入費10,150円
交通費7,880円
その他2,926円

購入した支援物資

品目
食料
生活日用品

お預かりした支援物資

品目
なし

たこ八のネギトロ丼

松川浦の清掃活動

必勝祈願!