第47回 相馬・新地 2012年1月11日

年が明けました。今年初めての相馬です。天気予報では雪の予報、スタッドレスタイヤに交換しているものの雪道の運転には慣れていないので少し心配です。 いつものように9時頃に出発しましたが、那須高原あたりに来ると既に外気温度はマイナス3度。東北道から相馬に向かう途中の峠は凍結しているかも知れません。 1時頃に福島飯坂インターに到着し、これから峠道を越えて相馬に行きます。しかし、今回の往路では雪も降らず、まとまった凍結もなく難なく相馬に到着しました。 夜中の2時半頃に到着したので、車の中で寝袋にもぐり込み、仮眠をとっているとシャリシャリと窓を叩く音が…そして、目が覚めて外を見ると真っ白になっていました。 来る途中の大雪でなくって良かったとほっとしました。

今回の目的はご挨拶、まずは新地町の村上さんにお会いするために新地町の小川公園仮設住宅へ、まだ足跡の付いていない真っ白な雪の上をキュッキュッと歩るき、 村上さんに集会所で使う物資をお届けし、お話を伺いました。大晦日には独りで年越しをする方のために集会所で年越し蕎麦を用意して一緒に年を越そうと企画をしたところ、 集ってくる方はいつものメンバーだったそうです。このことから、これから先に自立した人たちが家を建てて仮設を出て行ってしまった後の独居高齢者の事が心配と仰っていました。 短期的にも長期的にもまだまだ問題山積みです。その後、新地町の役場の鈴木さんにご挨拶をして、相馬基地に向かいました。

今年の相馬基地は前日から開始をしたそうです。日々、様々なことを改善しながら支援物資の配布をしている相馬基地ですが、 今年からは取りに来た方にはカードを渡して受付時間の短縮を図っていました。どんな活動でも、最初から完璧の流れなどありえない、 こうして行動していく中で軌道修正をしながらやっていくことは本当に大事なんだな。基地の配布時間も終了し、午後には明日の準備として補充・配置換えのお手伝いをしました。

作業をしていると、電話が鳴り訃報が飛び込んできました…新妻さんのお母様が亡くなられたとの連絡… 基地の作業が終わった後にポニー牧場の前田さん・佐藤さんと相馬基地の小島さんと一緒に弔問にお伺いしました。 その後、北馬渕仮設の村田さんの所、何度も宿泊させてくれた荒さんの所にご挨拶をして今回の活動は終了。 帰ろうかと車を走らせ始めると、また雪が降り始めました。慎重に慎重に峠を越え、東北道も栃木くらいまでは雪が降っていました。 普段1時間程で越えられる峠も1時間半くらい掛かり、運転に使う神経も3倍くらい使った気がします。 これから3月まではこんな日も何回かあると思います。良い経験でした。ご支援、ご協力くださっている皆さん、今年も宜しくお願い致します!!

義援金使途内訳

支援物資購入費3630円
交通費10899円
その他6880円

購入した支援物資

品目
食料品

お預かりした支援物資

品目
おもちゃ
日本酒

起きたら雪

真っ白です

足跡

日中、雪は解けてしまいました